ついのすみか意味

日本人は死をマイナスのイメージでとらえることが多いため、その意味を「死に場所」ととらえることが多いようです。 でも平均寿命が年々伸びていて、亡くなる直前まで元気に暮らすことを目指すことができる私たちの場合は、「終の棲家」は「最終的な安住の地」と考えるべきでしょう。 今、「終の棲家」の選択肢は増えています。 設備の整った高齢者施設に行くのか、 贅沢な高齢者用のマンションを買うのか、 夢だった田舎暮らしを実現するために自宅を買い替えるのか・・・。 まずはどんな選択肢が可能なのか、自分が持っている資産状況を把握することが大切です。すぐに「最終的な安住の地」を決める必要はありません。まずは、今住んでいる自宅の価値、そして年金としてもらえる金額など、自分の資産を調べることから始めませんか?

不動産の資産価値を知りたい方はこちら

詳細はこちら


不動産コラム:売却に失敗しない・高く売るコツ

不動産売却査定コラム:高く売るコツ

内覧者が来る前に窓を開けておきましょう。窓を開けて空気が入れ替えられて気になるホコリをなくすことができますし、生活のニオイも目立たなくすることができます。

不動産売却査定コラム:高く売るコツ

高価格で売却出来るようにするには、内覧会の開催数をアップする事が大切なのです。中古の不動産を売買する時には、買い手候補はほぼ間違いなく内覧を希望します。購入予定のない人や冷やかしの見学が多いくてもめげずに来てもらうべきです。

不動産売却査定コラム:高く売るコツ

相性の良い不動産屋さんを選ぶには、大体3店舗を目安に不動産屋さんを巡ってみるのがベターでしょう。不動産のお店を2件程度だと相性が合う不動産屋さんに巡り会えないケースがあるかもしれません。

不動産を高く売りたい方はこちら

詳細はこちら